タグ別アーカイブ: 抗酸化

妊希情ブログ36「👨‍⚕️男性不妊 その①📊」

皆様いかがお過ごしでしょうか?

娠を望している全ての人へ、いち早く最新の報をお届けする

妊希情ブログをいつもご覧頂きありがとうございます。


今回は「男性不妊」についてお話していきます。


意外と知らない、聞きづらい、今更聞けない「将来の妊娠に整理しておきたい正しい情報」についてわかりやすく解説していきます。

当院は不妊専門漢方鍼灸院として、様々なご相談を受けます。最近多いのがご主人・男性側の問題です。今までは「不妊=女性の問題」と位置付けられてきましたが、現在は半数が男性の精子の問題だと言われています。「不妊=夫婦の問題」と認識が変わってきています。女性側に何も問題なく、なかなか受精しない、着床しない、流産を繰り返すなどの原因は、ほとんどが男性の精子の異常が要因ではないかと言われています。

WHO (世界保健機関)の不妊治療に臨む夫婦の原因男女比データによると

  • 女性だけ:41%
  • 男性だけ:24%
  • 夫婦とも:24%

※男性に何らかの不妊原因があるのは48%に上り、不妊原因の半分は男性側にあることがわかります。


精液検査を受けよう!

妊娠するには卵子と同様に精子もとても大切な役割を持っています。精子の数が少ない、運動精子が少ない状態であれば、受精は厳しくなります。よく、顕微授精であれば卵子1個、精子1個で受精できると言われますが、それには卵子の質が重要なのと同じように、精子の質も重要なことです。

夫婦が妊娠を望んだら、またなかなか妊娠しないと感じたら、精液検査を受けましょう!


精液検査で何がわかるの?

  • 精液の総量
  • 精子の数
  • 運動している精子の数
  • 形のよくない精子の数

精液所見の基準値(WHO 2010)

精液量や精子数はいつも一定ではなく、体調やストレスなどで大きく変動するため、2~4倍以上の差が出ることも珍しくありません。そのため、1回の精液検査で判断せず、複数回の検査の平均値、または中央値から判断します。

 


最新の精子機能検査(検査できる施設が限られる)

精子機能検査は、精子が卵子と受精する際に頭部にある先体から酵素を出す先体反応を正常に起こすことができる精子であるかを染色して調べたり、DNAに損傷のある精子がどれぐらいるのかを検査します。

また、特殊な試薬で精子を染色し、形態の正常な精子がどれぐらいあるのかを診るクルーガーテストを行い、体外受精を実施する治療施設も少なくありません。

その他に、高倍率の顕微鏡で精子頭部の空胞を確認する方法もあります。空胞の大きいものは受精率が下がったり、胚の成長に影響するという意見もあります。

 


これからの不妊治療は精子の質が重要!

今までは妊娠の要は、卵子の質にあると言われていましたが、これからは精子の質が問われるようになってきています。精子には、男性になるスイッチを持っているY精子と、持っていないX精子があります。

受精する精子がY精子なら、男の子の赤ちゃんが生まれます。X精子の場合は、女の子の赤ちゃんが生まれてきます。

この精子には多くのDNA損傷精子が含まれています。DNAに傷のある精子は、受精できる場合とできない場合があります。細胞は、DNAに損傷が起こった場合、それを修復する酵素を持っていますが、精子は染色体の数を減らす2回目の減数分裂で、この修復酵素が欠落すると言われています。このように精子が修復酵素を持たないため、DNAに傷のある精子と卵子が受精した場合、それを卵子が持つ『DNA修復酵素』が補い修復し、受精卵は育ちます。DNAに傷のある精子が多いと、不妊になる確率が上がります。逆を言えば、不妊男性にはDNAに傷のある精子が多いということになります。

また、DNAに傷のある精子は、受精や胚の成長に関わるだけではなく、流産率も上がることがわかっています。つまり精子は、妊娠を継続できるか否かにも関係してきます。


精液調整法

精液の調整法は、人工授精も体外受精も基本的には変わりません。精液に含まれる皮膚の断片や子宮を収縮させる作用のあるプロスタグランジン、死んでいる精子、動かない精子などを取り除き、運動性のある元気な精子を抽出します。

回収法として

【密度勾配法 みつどこうはいほう】

精液と培養液を混ぜてからアイソレイトと呼ばれる分離液の上にのせ、遠心分離します。奇形精子や白血球などはアイソレイトにトラップされ、良好な精子は沈殿します。沈殿した精子を回収し、洗浄濃縮します。

【スリムアップ法】

密度勾配法で回収、洗浄濃縮した精子の上に新しい培養液を重ねて一定時間静置したのち、培養液の上部まで泳いできた動きの良い精子のみを回収します。


精子の質を改善する方法

  1. タバコはすわない
  2. 飲酒はほどほどに
  3. ストレスを発散する
  4. 精巣を締め付けない
  5. 精巣を温めすぎない
  6. 定期的に射精する
  7. 肥満は解消する

 

👩‍⚕️その他精子のトラブルについてはこちらのブログをご参照下さい☝️


🌈ビタミンCの200倍、ビタミンEの66倍の抗酸化作用🌈

当院では、精子の天敵である活性酸素を除去する漢方薬を取り扱っております。抗酸化力はなんとビタミンCの200倍、ビタミンEの66倍あり、精子のDNA損傷など精子の質を高めることが期待できます。男性不妊やご主人の生活習慣が不規則な方などにオススメしております。詳しい事はスタッフまでお問い合わせ下さい。

 


🍀テル先生からの一言☺️☝️

不妊治療の第一歩は、夫婦で検査を受けることから始まります!女性は年齢が上がるほど妊娠率が低下するなど、タイムリミットがあります。貴重な時間やタイミングを無駄にしないためにも、夫婦そろっての検査に行きましょう!

また一回目の精液検査で異常がなくても安心せず、男性側も生活習慣には気をつけましょう!


<当院の思いとは>
一人でも多くの方の希望に、そしてそのお腹の中に命が授かり、元気な赤ちゃんをその腕で抱きしめてもらえるようお手伝いさせていただきます。

<選ばれる理由>
当院の不妊治療専門の鍼灸師や子宝カウンセラー、医薬品登録販売者は学会や研修会などに積極的に参加し最新の高度生殖医療、より専門的な不妊治療の知識を深め、日々の治療に活かしています。

<再現性のある治療を追求>

当院では最新の不妊治療の知識とEBM(科学的根拠にも基づく医療)に基づいた鍼灸治療と漢方治療を提供しております。また脳科学に基づいたメンタルヘルスを治療に導入しており、治療効果を高めております。

<鍼灸と漢方は治療効果を高める!>

当院で行っている不妊専門の治療は、EBM(科学的根拠にも基づく医療)に基づいた再現性のある鍼灸治療と漢方治療を提供しております。今までのデータを集約すると、「鍼灸治療だけ」の人よりも「鍼灸+漢方治療」の人の方が早い段階での体質改善につながり妊娠率が高まる結果が出てきております。特に遠方から来院される方や仕事などで忙しくて鍼灸治療に定期的に通えない方には、自宅で簡単にできる漢方治療をオススメしております。

 


2019年もたくさんの方の子宝相談や治療に携わることができ、心温まる声をいただいております。


 


🍀鍼薬健美堂(薬店)からのお知らせ💊
当店では、不妊治療に特化した新しい漢方薬を取り扱うようになりました🤰
ART(高度生殖医療)を行う、日本最高峰の不妊治療専門クリニック
(英ウィメンズクリニック)🏥で推奨され、エビデンス(科学的根拠)などの調査を行なった効果的な漢方薬を提供致します

詳しい内容については、治療の際お気軽にお申し出下さい。
先日、英ウィメンズクリニックでの院内見学&研修会に参加してきました。

詳細はこちらをご覧下さい。


最後まで読んで頂きありがとうございます。

初めて不妊治療を希望される方は

子宝カルテをダウンロード!

🌈Instagram始めました🌈

🍀妊活ブログもオススメ🍀

🐥子宝研修会の模様🤰

💊天然葉酸と人工葉酸の見分け方🍀

👩‍⚕️学会レポート🔬

📈不妊予防フォーラム👩‍⚕️

🔬統合医療生殖学会レポート📋

👨‍👩‍👧‍👦子宝優秀賞2019⛩

よろしければご笑覧ください