顔面神経麻痺回復コース¥5,500

突然起こるお顔の麻痺。主な症状は、「顔がまがった状態」、「眼が閉じにくい」、「口角が上がらない」、「水や食事が口から漏れる」などです。
早期初期治療が後遺症を残さない鍵となるので、まずはお近くの耳鼻咽喉科へ受診することをお勧めしております。「ベル麻痺」、「ハント症候群」の場合は、顔面神経のむくみを取るステロイド治療とウイルスの増殖を抑える抗ウイルス剤による治療が行われます。治療により8割の方が、ほぼ元の顔の状態に戻りますが、約2割の方で、表情筋の動きが十分ではなかったり(不全麻痺)、例えば、口を動かすと眼が一緒に閉じてしまうような異常共同運動という後遺症が残ってしまう可能性があります。そのような麻痺の後遺症でお困りの方は当院の鍼灸治療をオススメしております。
鍼灸治療は顔面神経や顔面神経管を含めた周辺組織の血流を改善し、麻痺の回復を促し、また筋緊張を緩和する作用は、拘縮の軽減にも役立つものと思われ、適応する病期は広い範囲にわたると考えられます。

 顔面部へ低周波鍼刺激(電気治療)を行う治療方法もありますが、当院ではこの方法を選択しておりません。顔面神経麻痺の治療において低周波刺激が拘縮や病的共同運動などの後遺症を助長するとの意見がでてきたことがその理由のひとつです。顔面神経麻痺診療の手引きでも低周波刺激は禁忌とされています。
しかし、顔面部への低周波鍼刺激が悪影響を及ぼすという調査は、未解明なため今後の研究よる詳細な検討が必要となると思われます


〈症例1〉


〈症例2〉


〈症例3〉


〈症例4〉